探し物代行という千代田区でのご依頼(6/12)
ホーム > 探し物代行という千代田区でのご依頼(6/12)

探し物代行という千代田区でのご依頼(6/12)

具体的には言えませんけど、ふと隠していたものがどこに隠したか分からなくなった。

それを探して欲しいというご依頼。

場所はけっこう広くて収納もたくさんある機能的なマンションです。

お客さんに、多分この辺りっていうのを指示されて、見つけたらいくら、見つからなかったらいくらという作業条件でお伺いしました。

 

2時間を制限時間とし、本当に収納からなんから全部中を見ていきました。

1時間半ほどして、一通り確認しました。

でも無い・・・

 

探し物やってる時って記憶を呼び戻す時間を持ったり、頭の中をリセットすることありますよね。

お客さんになんとなく隠したときの感情や状況を話しながら、無いと思っているところに案外あるんじゃないですかね~なんて話しました。

直後、お客さん自身が、入らないでという部屋でその探し物を見つけました。

 

なーんだ。

なんかごちゃごちゃ探し物をしていた自分が馬鹿らしかったです。

私としては最後らへんは、ここにはその探し物は無いなとほぼ確信を持っていましたので、今日は見つけられないなとあきらめの気持ちでいました。

 

結果としてはお客さんが自分で見つけてきたので、料金は見つからなかった場合の料金をいただいて終了です。それでいいです。

こういうご依頼ってけっこう難しいですね。

見つからなかった場合も高い料金を請求することは気が引けるし、作業も大変になってくるし、見つけてなんぼのご依頼ですね。

でもその場で解決したのでなんとかすっきりその場を去ること出来たので良かったです。

次の予定も時間が詰まっていたので、後ろ髪引かれる気持ちで帰るよりか全然良かったですね。

 

何でも屋なんで、本当に作業は何でもやるつもりでいます。

>便利屋日記

サイト内検索