一家は大仕事、便利屋は平常運転(4/8)
ホーム > 一家は大仕事、便利屋は平常運転(4/8)

一家は大仕事、便利屋は平常運転(4/8)

新年度になり、思い切って不用品を処分するという現場に行ってまいりました。

昔からある箱物。

桐ダンス、茶ダンス、洋ダンス。。。

 

なんでタンスってこんな多いんだろうね。。。

箱物ですから、でかいんです。

家の中でそうそう移動などしませんし、部屋のレイアウトもタンスありきとなってしまいます。

それをですね、一気に処分するんです。

中身は奥までしっかり詰まっています。

それから分解や解体したりして外に出します。

 

2つや3つじゃないんですよ、箱物は。。どんどん出る出る。。

タンス廃棄

 

家の人は大変だったと思いますよ。

でもこの先は便利屋にとっては簡単なお仕事。

 

多少大きいものでも、なんだか感覚的に抵抗がないんですよね。

家の人含め3人で作業をやったら、あっという間でしたね。

 

なんかすごい助かったって言ってもらえます。

そんなに大した事をしたつもりは無いのですがね。。

 

家財撤去なんかも便利屋の仕事にありますが、家の大仕事が私達の通常業務なんですよね。

家の大仕事は思い切って人を雇うっていうのはやはり有効なんだと思います。

ま、別に宣伝のつもりは無かったんですが、客観的な人を使うっていうことは時間とストレスと体力を買うってことで、きっとスマートでクレバーな選択ですよ。

私の場合、その先の掃除も得意分野なので、仰ってくださいね。

>便利屋日記

サイト内検索