朝の出張起こしをやりきってみて(11/30)
ホーム > 朝の出張起こしをやりきってみて(11/30)

朝の出張起こしをやりきってみて(11/30)

作業レポートにも少し記載していましたが、お子さんを朝7:30に起こしに行く、というご依頼がありました。

よくモーニングコールのサービスなんか聞きますけど、これはガチでたたき起こすという作業です。

車で10分、自転車で20分弱、といった距離でした。

とりあえず5回行ったのですが、結局全て車で行くことになりました。

この時期の朝はやっぱり寒いですし、自転車は普段から通勤で乗っているわけではないので、時間読みにくいのもありましたし。

こりゃ大変だなーと思いましたよ。

朝寝坊

実際は7:15に着くように出発していました。

最初はチャイムならして、すぐカギをガチャガチャ開けて、「おはよー」ってハイテンションで部屋の電気をつけるんです。

最初はお子さんはすぐには起きれませんでした。

2日目から観念したのか、素直に起きてきます。

3日目は私の来訪に慣れた感じがあり、すでに起きていました。

4日目はちょっと余裕がでてきてお喋りしたりして、却って家を出るのが遅くなりました。

5日目最終日、私がいくとお子さんが隠れていて軽く驚かそうとしていました。

 

そりゃ人様の家に7:15ってめちゃめちゃ早いし、つらいです。

雪の日もありましたが、雪を言い訳にできません。そのせいでお子さんが登校しなかったら責任感じます。

それでもたったの5日間でしたが、段々と習慣になってきて楽になっていきましたね。

 

便利屋の仕事をやっていると時間が不規則になるのですが、私も生活リズムを久し振りに修正された思いです。

結果的に子供を起こしにいくのではなく、自分が早起きさせてもらっているという、ありがたい気持ちになってきましたよ。

 

まあ、お子さんとは学校や車とか電車とかの話をしながら、家を出るまで見守っていたのですが、いざ終わってみると物寂しさを感じました。

もしかしたら、この冬にまた継続するのかもしれませんが、お仕事を受託する際の自分の寝坊などの恐怖感はほぼなくなりました。

むしろ早起きする理由ができるので、悪くはないなとも思います。

 

この種のご依頼は、いきなり出来ません。

ある程度お子さんと面識があったり、家庭を知っていないと難しいのかもしれません。

以前よりちょっとした代行業務で何度かお邪魔していたお宅だったんですよね。

 

>便利屋日記

サイト内検索