最近、便利屋引越しがほとんどなんです。(4/8)
ホーム > 最近、便利屋引越しがほとんどなんです。(4/8)

最近、便利屋引越しがほとんどなんです。(4/8)

作業レポートに書くのも同じような内容の引っ越し作業ばかりで、なかなか変わった話題に乏しいのが最近の受託状況なんです。

徒然なるままにあるがままの近況を書いてみようかなと思いました。

 

 

「ジモティ」というサイトで引っ越し料金を出しているのですが、そこからの問い合わせが2月からコンスタントにあります。

多分、料金が安いからかなーというのが正直な感想です。

それと、引っ越しに関して荷物にこだわりのない人が便利屋に依頼しているのかなとも思います。

 

便利屋は引っ越し業者さんとは違います。

その大きな違いは法令に基づいてきます。

 

人の荷を運搬して料金を請求するというのは許可のある業者でないと行えません。

請け負うかそうでないかという違いがあります。

 

便利屋のサービスの場合、あくまでもお手伝いであって作業の主体者は依頼主になるんですね。

なので都合よく言うと便利屋は荷に関して極端に言うと責任を負わない仕事の仕方となってきます。

クオリティから言うと、安かろう悪かろう、なんです。

 

そりゃさすがに明らかな失敗で物を壊したりしたら弁償の責任はあるかと思いますが、最初から高価な物は扱わないし、難しい物は扱わないんです。

 

ま、普通に車に積んで自然と壊れるような物なんてありませんけどね。ガラスくらいですね、壊れやすいといえば。

 

こんな物言いだとテキトーそうに思われるかもしれませんが、実際は苦労がたえないんです。

 

荷造りなどはお客さんに事前にお願いしているのですが、実際に個人間のサイトでの約束では、現場へ行くとけっこう何も出来ていないという事がたまーにあるんです。おそらく契約上の感覚が希薄なんだと思うのですよね。

引っ越し業者さんなら現場に行ってそんな状態なら繁忙期は断るそうです。

 

便利屋の場合、そうはいきません。

とにかく手伝いに来ているので、出来る限りの事をトライします。

延長作業だって出来る限りお受けします。

 

この辺が荷物運搬の専門であるかないかの違いでもあるかと思います。

だから気軽に頼めるし、その辺にもニーズがあるんじゃないかな。

引っ越し業者さんの契約はけっこう厳しい物がありますしね。

食品や液体などは絶対に運びませんし、冷蔵庫の霜取りや洗濯機の脱水が事前にされていないと運べないとも言います。

気持ちは分かります。車を汚したら次の現場にいけませんからね。

 

 

このようなことはお客さんサイドでは気が付かないことがあるのは私は仕方ないことだと思っています。

それでも、前に冷凍食品とアイスクリームを運ぶのは断ったことあります。

それ以外こぼれたり溶けない物なら積んじゃいます。

 

ある程度、難しいことは抜きで、そこは料金次第でなんでも対応できるようにしていきたいと考えています。

例えば引っ越し後の清掃とか、不用品とか、ゴミの処理とか、いろいろと引っ越しには付随した問題が出てきますから、便利屋としてそのあたりを積極的にカバーできたらと思います。

 

>便利屋日記

サイト内検索