大掃除は便利屋の華。(11/21)
ホーム > 大掃除は便利屋の華。(11/21)

大掃除は便利屋の華。(11/21)

年末というと大掃除という気持ちになりますよね。 😳 

 

・家をキレイにして新年を迎えたい。

・1年の掃除手つかずの汚れを最後に落としたい。

・部屋をキレイにしてその年のストレスを吹き飛ばしたい。

・パーティーのために部屋をキレイにしておきたい。

 

 

動機や考えは十人十色でしょうね。

そもそも大掃除は年末でなくても良いわけで、思い立ったら行えば良いんでしょうけど、これも日本の文化ですね。

 

さて、先日さっそく大掃除に行ってきたのですが、こちらは年末だからではなく、積年の掃除手つかずの大掃除といった感じでした。

事情があって現地調査できず、とりあえず最低人数で2名で伺ったので、見た瞬間、1日では難しいなという状態でした。

 

とにかく出来る限り行おうということで優先順位をお客さんによく聞いて打ち合わせしてスタート。

普段よくつかう部屋の床、あとは水回りが優先でした。

 

全体的に散らかっていて埃も積もっていたので、まずはそこから始めないと埃が舞って手が付けられません。

半日ほどかかりましたが、ゴミ捨て、整理整頓などで全体的にスッキリさせました。

ゴミ捨てと言っても簡単ではなく、事前に何がゴミなのかを確認しておかないといけません。

あとは書類など散らばってる物をまとめたりで、片付け作業です。

 

やっと掃除できる状態にして床を掃除機掛け、拭き掃除、巾木の掃除、最後にクイックルワイパーと念入りに行ったところで一旦休憩。

午後からは風呂、洗面、トイレ×2の清掃です。

なかなかの汚れですので、午前中に薬品塗布できる部分は塗布して汚れを浮かせる、柔らかくする準備をしておきました。

なんとかこちらも半日で完了。

 

掃除ってとにかく手を動かせば進む作業です。

簡単な作業と受け取られがちです。

しかしこれを仕事とすると、センス、技術、マナーがとても大事になってくるんです。

 

掃除のプロはある意味で人間のプロではないかと私は考えます。

 

 

 

さて、私達はというと。。。まだまだまだではありますが、そのプロの基準を知っているので、やる気のあるアマチュアではあり、却って意欲的です。
( ー`дー´)キリッ

なので掃除の案件をいただくと、大変ですがとても楽しいのでうれしいです。

掃除に関してはこの楽しさを知っているメンバーで行います。

 

逆に言うとポリシーのない人が掃除作業を仕事として受けると、出来不出来も含め、いろんな意味ですぐクレームになります。

掃除はクレームも多い案件なんですよね。

 

掃除はその「人」が顕著に現れます。

真面目にやっていればリピートが一番多い案件なんです。

便利屋業務のなかでも特にやりがいはありますよ。 :mrgreen: 

 

 

 

 

 

>便利屋日記

サイト内検索