作業レポート
ホーム > 作業レポート > 所謂ゴミ屋敷を片付けて引っ越しまで。
  • mixiチェック

所謂ゴミ屋敷を片付けて引っ越しまで。

■2018/09/01 所謂ゴミ屋敷を片付けて引っ越しまで。
今回の件は事情もあるので詳しくは記載しませんが都心の1DKのアパートの片付けのレポートです。

玄関から足のふみ場がなく、床面はゴミで埋まっており、ゴミの丘が室内に出来てしまっているという状況。
所謂ゴミ屋敷ですね。

人数を入れて一気に撤去できればよいのですが、依頼者からすると必要な物ばかりという中での特殊な状況下での作業となりました。

当然、時間がかかります。というかなかなか進みません。

食品、薬品、飲み物、こういった物が多く蓄積されており、ゴミ出しの前の日にきちんと排出できるように袋詰、仕分けをし、また他に捨てにくい物はこちらで処分に回るという作業でした。

3日間ほどかけて引っ越し出来そうな状態にして、4日目にトラックとハイエースで運びましたが、それでもまだ物は余りました。
当初はトラックだけで引っ越しを済ませる予定でしたが、捨てられない物が後々増えてきて結局は捨てない物が膨大な量と増えてしまった結果です。

さらに1日追加で片付け、掃除、積み込みと、延べ5日間19名を要しました。

物だらけで足場もなくスペースもない中での作業を数日続けると正直トラウマになりそうでした。

今回は作業ごとに請求で合計で40万円強の作業となりました。
ゴミ屋敷は一気に捨てた方が安く済みますね。
とにかく人手と手間がかかりましたが、作業自体はスケジュール内に事故なくおわれたので良かったと思います。


ウェルカム!

サイト内検索