作業レポート
ホーム > 作業レポート > 柴又で空き家に付いてる電光看板を撤去しました。
  • mixiチェック

柴又で空き家に付いてる電光看板を撤去しました。

■2018/09/10 柴又で空き家に付いてる電光看板を撤去しました。
以前に家財撤去を行った空き家ですが、表にある壁に付いてる看板を撤去してほしいとのご依頼でした。

撤去自体は簡単ですが、電線がどうなってるか確認と、家は鍵がかかっているので事前にブレーカーを落としてもらい、それから取り外しに行きました。

電線をニッパーで切り、絶縁処置をして、看板をハイエースに積み込んで処分、これで終わりです。

取り外し自体は10分くらいだったと思います。
絶縁作業と言っても電線の中身を少し出してビニールテープで巻いて、どこにも接触しないようにして完了です。

ニッパーとカッターとビニールテープとゴム手袋くらいの準備で充分でした。

看板はそんなに大きい物ではないので一人で作業しました。
高い場所や大きな物だと一人じゃ無理ですが、今回は手の届く場所で抱える程度の大きさの看板でしたので、パパっと完了です。

撤去処分で11000円と消費税でした。

ウェルカム!

サイト内検索