葛飾の片付けの見積もりにて(11/23)
ホーム > blog

葛飾の片付けの見積もりにて(11/23)

2012年11月23日(金)12:24 PM

先日、葛飾区内の2Kのお部屋の撤去・掃除の見積もりにお伺ったのですが、やっぱり見てみないとわからないもんですねぇ。

 

実は電話で目安の料金を伝えていたのですが、実際見てみると部屋はきれいで、想定した掃除の予算をかるく下回る内容。

で問題は不用品は少ないとの事でしたが、処理にちょっと手間のかかるものが何点かあるといった内容で、不用品撤去の方が見積り額として高額に査定させていただきました。

 

で、実際に電話でお伝えしていた料金の上限額で請求をさせていただきましたが、お客さんにはすんなり了承していただいて、こちらも即刻作業の段取りを組めましたね。

 

私が言いたいのは、やはり電話で目安を伝えてあげるのは大事だなあとつくづく感じたのです。

結局は電話での話しと料金に大きな差はありませんでしたし、お客さんも予算が想定できていたので、話が本当に早かったです。

 

十人十色の事情です。そこを根掘り葉掘り聞いたら便利屋として質が悪いとおもっています。

言われた事を黙ってやればいいんです。

 

電話での見積もりには私どものリスクもありますが、迅速を謳っている手前、私は今後も挑戦します。


足立区の遺品の片付けの見積もりにて(11/10)

2012年11月10日(土)12:16 AM

足立区で遺品の撤去の見積もり依頼が入りました。

1DKの一人住まいのお部屋です。

 

昨日ちょうどそんな感じのブログを更新したので、実際の現場の話しをします。

1DKと一口で言っても、広さがいろいろです。

本日お伺いした物件は、1DKでもかなり広くて、収納も多くて物が詰まった物件でした。

 

実は見積もり前、私は7~8万の費用を想像していましたが、突然お亡くなりになった状況で何の整理もできない状態で、更に様々な健康器具や大型の物もあり、運搬も結構大変な事が想像できたので、現地で悩みました。

 

1DKの片付け撤去なら2人で何でも済ませますが、今回は3人は必要と判断。

勇気を持ってお客さんには10万以内で済ませると回答しました。

 

でも正直10万でも大丈夫か・・・?って感じです。

お客さんも撤去当日までにゴミ捨てをするとの事でしたので、もし依頼となったら当日の状態を見て料金を下げようと考えています。極端に物が減るとは思いませんが、フタを開けてみないと分りませんね。

 

でも遺品整理って

依頼する側は大変だと思います。

形見分けやら名義やら相続やら問題は山積で、私ら便利屋に構っている時間も本当は無いはずです。

そこを無理くり時間を空けて対処しているのですから、頭が下がります。

 

よくそういう現場でお客さんに「すみませんね」「助かります」って言われます。

でも本当は依頼主のほうが、いろいろな事をやっていて、骨を折っているのです。

なので恐縮します。

スタッフさんにはこの事を必ず教えます。


遺品片付けの料金について(11/9)

2012年11月09日(金)2:51 AM

実はこれが料金表で表現が難しいのです。

結論から言ってこの仕事に関して料金目安は表記をやめました。

つい昨日まで表記していましたが、この通りに見積もりなんかほとんど無かったです。

 

そもそも遺品の回収料金なんて物によるし、回収料金と作業代とを請求だなんてお客さんに説明しても、ただ高いイメージ残るだけだし。

 

お客さんの要望や状況により作業のやり方や、費用の掛かり方なんて様々。

間取りで目安料金なんて基本でません。ウソの情報だすくらいなら表記はやめよう。

 

ということでポリシーに反しますがHPで遺品片付けの料金は明記しない事としました。

 

遺品整理は何社かあい見積もりさせるのが一番いいと思います。

下見の前に、電話で細かく品物を教えてもらえれば処分費用の目安くらいはでますから。

 

私の経験上、引越しや不用品回収の見積もりで見ないと分らないとしか言わない業者に限り変な人が来ます。

業者に向かって、そちらには頼まないと面と向かって言った事も一度ではありません。

 

私も皆様に「帰れ」と言われないよう努力いたします。戦々恐々。


電話の見積もり各社バラバラその訳(11/8)

2012年11月08日(木)5:48 PM

状況が分らない内容を見積もるというのは至難のワザです。

 

でもお客さんって電話で聞いて安心したいものです。

昨日も引き払い後の片付け、掃除の見積もり相談があって見積もりしたのですが、どうやら私の見積もりが安かったみたいです。

 

もちろんあくまでも目安であることはお伝えしていますが、ほぼ適正だったと思います。

何社かの会社が異常に高い見積もりだったようでもありますが、なんでこうなるのか私なりの考えです。

 

1.まず電話の担当者が決裁者でないという可能性。

安く受けると社内で非難されますよね。気持ちは痛いほど分ります。

 

2.内容が面倒くさかった。

やりたくないと感じる仕事はあれこれ理由をつけて高く見積もるというのは何の業種でもそうでしょう。

 

3.お客さんの声が届いていなかった。

ここが一番大事です。たしかに素人(失礼ながらお客さんの事)の言う事は鵜呑みにできません。

でもお客さんの話している感じで状況を推し量ってあげるという気持ちも不可欠だと私は考えます。

 

実際に内容が全く違っていたらそこは仕切りなおしする必要もありますし、そこはお客さんも理解してくれます。

でも基本的に多少の見積もり不足でも私は努力して提示料金で済ませます。私の労働力で済むのならいいじゃないかって感じですね。(材料とか処分費用などの実費は別ですよ)

 

なんでこんな風なサービスになるのか・・・

それはサービス外です・・・(ついでじゃん・・・みたいな)

それはこうしないとダメです・・・(上から目線が一番むかつきます)

そんな機械的な仕事が嫌いなんです。

 

言っておきますけど、何もうちが安いですよという宣伝している訳ではありません。

ちゃんとコミュニケーションとりますよーというアピールと覚悟です ^^;


>便利屋日記

サイト内検索