朝の出張起こしをやりきってみて(11/30)
ホーム > blog

朝の出張起こしをやりきってみて(11/30)

2016年11月29日(火)11:47 PM

作業レポートにも少し記載していましたが、お子さんを朝7:30に起こしに行く、というご依頼がありました。

よくモーニングコールのサービスなんか聞きますけど、これはガチでたたき起こすという作業です。

車で10分、自転車で20分弱、といった距離でした。

とりあえず5回行ったのですが、結局全て車で行くことになりました。

この時期の朝はやっぱり寒いですし、自転車は普段から通勤で乗っているわけではないので、時間読みにくいのもありましたし。

こりゃ大変だなーと思いましたよ。

朝寝坊

実際は7:15に着くように出発していました。

最初はチャイムならして、すぐカギをガチャガチャ開けて、「おはよー」ってハイテンションで部屋の電気をつけるんです。

最初はお子さんはすぐには起きれませんでした。

2日目から観念したのか、素直に起きてきます。

3日目は私の来訪に慣れた感じがあり、すでに起きていました。

4日目はちょっと余裕がでてきてお喋りしたりして、却って家を出るのが遅くなりました。

5日目最終日、私がいくとお子さんが隠れていて軽く驚かそうとしていました。

 

そりゃ人様の家に7:15ってめちゃめちゃ早いし、つらいです。

雪の日もありましたが、雪を言い訳にできません。そのせいでお子さんが登校しなかったら責任感じます。

それでもたったの5日間でしたが、段々と習慣になってきて楽になっていきましたね。

 

便利屋の仕事をやっていると時間が不規則になるのですが、私も生活リズムを久し振りに修正された思いです。

結果的に子供を起こしにいくのではなく、自分が早起きさせてもらっているという、ありがたい気持ちになってきましたよ。

 

まあ、お子さんとは学校や車とか電車とかの話をしながら、家を出るまで見守っていたのですが、いざ終わってみると物寂しさを感じました。

もしかしたら、この冬にまた継続するのかもしれませんが、お仕事を受託する際の自分の寝坊などの恐怖感はほぼなくなりました。

むしろ早起きする理由ができるので、悪くはないなとも思います。

 

この種のご依頼は、いきなり出来ません。

ある程度お子さんと面識があったり、家庭を知っていないと難しいのかもしれません。

以前よりちょっとした代行業務で何度かお邪魔していたお宅だったんですよね。

 


ハウスクリーニング可の便利屋(11/28)

2016年11月28日(月)1:18 PM

そろそろ大掃除を始められる方が増えてきます。

後でやろうと考えていたらあっという間に年末ですよね。

ギリギリになって業者を探しても日程が合わなかったり、大急ぎで作業されて今一つなことってのもあります。

 

でー、その大掃除ってのが便利屋だと出来るところ出来ないところでハッキリ分かれるんです。

不用品回収メインのようなところだと、ハウスクリーニングをやっていないこと多いように見受けられます。

チェーン店でも店のスタッフによって得意不得意があります。

そもそも数か月ハウスクリーニングを勉強でやってみたとかではお客様の家での作業は難しいように感じます。

 

注意することが本当に多いんです。

・分解したが元に戻せなくなる。(換気扇や風呂のエプロン)

・掃除で取り外しなどしたら壊れる。(照明器具や通風口など)

・ガスコンロに点火できなくなる。

掃除の困った

ほんの一例ですが、やってみたら意外と多いんです。

そもそも普段家の人も触らない部分なので、初めから壊れていたのか分からないこともあります。

この辺をきちっと見極めていかないとトラブルの元です。

 

無理に触らない、ということもプロとしての所作だと思います。

でも初めて入る家ではなかなか難しいですよね。

この辺は場数を踏んで初めて経験として身に付き適切な作業ができるようになります。

 

掃除って現場によって求められる仕上りが違うので、現場を見ないと正直不安なことはあります。

・賃貸の空室清掃

・引っ越しの際の掃除

・年に一度の大掃除

・ゴミ屋敷や猫屋敷の清掃

 

同じ時間をかけても仕上りは同じにはなりませんよね。。

それに時間制で掃除となると掃除が甘かったりしますので、不安いっぱいです。

なので私たちは単品価格と時間価格の2つの見積もり方法をもっています。

ま、ほとんど時間でだいたいってパターンが多いです。

それでも私はやっぱり仕上りの基準をしっかり持って作業しないとダメと思いますね。

何度も書いていますが、掃除は作業者の自己満足が必要です。

 

そういう職人気質の人は本当は私は苦手だったのですが、最近、ちょっと頑固っぽくなってきたかもしれません。。

掃除案件であれば2名4時間からの作業でかなりお手頃な設定とさせていただいていおりまーす。

 

料金案内

 

私たちなりによーく考えました。


便利屋の本当の料金について(11/17)

2016年11月17日(木)6:08 PM

いやー、便利屋増えて相見積もり、増えましたねー。

しかも某大手便利屋に倣ってオリジナリティのない便利屋ばかりで料金設定もみんな同じようになってきました。

一律料金っていうけど、実際に頼んだらいろいろ追加されたとか、HPには書いてなかったとか、お客さんの声はかき消されています。

 

そもそも何でも一律料金って無理です!断言!

 

大事な物を運搬したり、繊細な個人情報を預かったり、掃除だって実はスキルがいります。

これをなんでも一律ってのは不安ですし、そんな料金の設定しかできないのは素人なんじゃないかなと思っています。

 

ネット広告ではなんでもインパクト重視で後先考えないもの溢れています。

ちなみに私もたまーにネット広告出しています。

「正直広告」です。

空き家の広告

 

はい、空き家の仕事やってますよー。

あんまり捻りのない広告ですが、正直な言葉しか使わないようにしています。

料金表も然り。

最初から内容ごとに見合った料金設定をしているので、それ以上に変な追加はありません。

出張費なんて何人で現場行こうが車でいっぺんに行くわけだからせいぜい2000円です。

場所によってはコインパーキング代をいただきます。それくらいです。

 

単価の安い便利屋と相見積もりするのに、どうしてうちのほうが総額が安いのか??謎現場が多々あります。←ココ大事

便利屋の地位向上(卑下してはいないよ)の為にもテレビでやらせやったりするんじゃなくて、お客さんにもっと誠実に対応しようぜ!と言いたい。

 

毒つくのは営業としてイカンけれども、便利屋業界が理念のない人たちによってレッドオーシャンにされ、その上社会的な信用までも損なうのはなんだか残念なのです。

安くやるなら本当に工夫して安くやりましょう。それはとても良い事です。

安いのが必ずしも悪くはありません。人に気軽に使ってもらうサービスをちゃんと考えることは素晴らしく、基本だと思います。

でもくどいようだけど羊頭狗肉じゃいけない。

 

今日はある会社さんの依頼でスピーカーを預かって運送会社に発送手続きをするということを行いました。

たまにお仕事くれるんです。ありがとうございます。

こういうのは見積もりの目安がなかなか難しいんです。

大事な精密機器です。

手放す方は最後までスピーカーを気遣っておられました。思い出もあるんでしょう。

このような物を粗末には扱えません。

スピーカー運搬

 

おせっかいくらいにがっつり梱包しました。。。

この時の料金は

運搬8000円(比較的遠方)

発送手続き3000円

出張費2000円

資材調達費1000円分ほど

 

という明確な計算式で見積もっています。

総額で14000円。

 

この内訳の説明ができないといけませんよね。

明朗とはこういうことを言うんです。

 

 

 

 

 

 


年末に向けてのチラシのポスティングを始めました。(11/2)

2016年11月02日(水)2:37 PM

普段、チラシは宣伝広告に使っていないのですが、最近になって、お客様の紹介のご依頼というのが何となくですが増えてきたように思えます。

ご紹介先はWebは使わない高齢の方のお宅だったり、検索作業を行わない方のお宅だったりします。

 

それで変な人が来ると困るからということで、なかなかご自身で業者を探そうとはしないんですね。

やはりここはリーチを伸ばそうと、まだまだ便利屋の存在を知らない潜在的なニーズがあるだろうと、チラシを久しぶりにデザイン、印刷してみました。

 

しかし確かにいろいろとポストにチラシが入ってたりしますが、実態が分かりにくい物や不明な物が多く、実際に電話してもつながらなかったり、折り返しが全くこないなど怪しいと思われるものは多いです。

 

こちらは創業時からそうですが、代表者の顔はしつこいくらいに必ず掲載しています。

どうしても便利屋を名乗るだけでは実態不明ですし、せめて出来る事として、こちらの情報開示のような気持ちです。

あとは料金も出来る限り掲載します。

便利屋のチラシ

それでもチラシをよーく見てくれる人は少なく、ゴミとなることが圧倒的に多いわけなので、エコじゃないなから、なかなか事を進めようとは思わなかったんですね。

 

今回はその自分自身の固定概念を一旦忘れて、ご近所限定でポスティングを開始した次第です。

やはり事業者がどこの業者なのか、気になる人はいますよね。

近所だと住所見たら、あっ近いんだー(逆に近すぎるな。。とかもあり得るが。。)少しでも親近感を持ってもらえるんじゃないかなと少し期待しているのです。

 

そもそもポスティング作業を行っている代表含めスタッフが近所のポスティングということで親近感を感じて作業を行えるので、いい営業だと思います。

挨拶したり、家の人とばったり会ったら、チラシを手渡しすればいいんです。地元の便利屋ですー、みたいなノリで。

 

なのでここにUPするチラシを見かけたら、「あ、この人たち、ここに来てたんだなー」なんて思ってもらえると嬉しいですね。

これから年末に向けて家の掃除を思い立つ人は多いのではないでしょうか。

便利屋は本当に便利であることが商品です。使い道はいろいろとあります。

 


>便利屋日記

サイト内検索