プロフィール
ホーム > プロフィール

プロフィール

【代表】 井上 守人
昭和50年5月21日生まれ B型 
趣味: 落語、歴史物(中国)

能登半島(石川県)の先端部、珠洲市にて生を受け、幼名は「もっこりと」当時流行していたエリマキトカゲの刺繍を母に懇願し出来上がったエリマキトカゲの下半身がもっこりしていた事が由来とされる。
井上 守人
関西学院大学(兵庫県) 文学部 東洋史学科 卒業
(英語、中国語、哲学、聖書など勉強、でも生粋の仏教徒)

大学卒業後は演劇青年をしながらアルバイトで吉野家や葬儀屋、家庭教師、居酒屋など、すでに何でも屋。
その後30代になってからサラリーマン(営業マン、コールセンター)にて仕事に没頭!ブラック企業なんて平気でした。
しかし自由人にはサラリーマンがきつかった。。

脱サラ(ていうドロップアウト)してハウスクリーニングの勉強を始めて便利屋開業。
始めたきっかけは便利屋のバイト経験者の友人の勧めでした。私には向いてるそうで。。すぐその気になりましたね。

業界に入ってすぐに感じたことが、便利屋が探偵とかで怪しい、いい加減な個人とかで信用できないという世間的な感覚です。
確かに誰でも開業できるし、不安をあおるような営業も見てきました。

なのでホームページやブログは明るい何か楽しめるものをと常日頃考えていますし、それが楽しみです。
どれだけオープンに宣伝できるか、多種多様の案件なので正直難しいです。

まずは人となりかなと思い、代表者のまぬけな話、心の声のような話を紹介したりしています。
明るくシャレも言える達観した楽観主義は仕事でもなんでも必要と思います。そうじゃないとお客さんを安心させてあげられないし、ただでさえストレス社会なのにお金をいただいてストレス与えるのは面白くないですよね。

しかし方針としては現場では余計な事はいいません。うるさいのが嫌な人いますし。でもお客さんが話したそうだったら付き合います。
ま、ほぼほぼ話してますがね。皆さんに話やすくあることも大事ですね。
とにかく事業の発展、また便利屋の地位向上を願い、プライドを持って、自分のアイデアと言葉で闘っています。

自分の言葉と言いましたが一箇所借り物があります。
「お客様が流れる水、こちらは洗面台」のくだりです。
これは右近勝吉さんの書籍にあったもので、深く感銘を受け、そのとおりに自分もありたいと強く感じたので、いろいろと考えましたが言葉を使わせていただいています。
自分の血肉となりましたので、私としては既に借り物の言葉とは思っていませんが、やはりオープンにしておきたいと思います。

長々と書いてしまいましたね。すみません。ご覧いただきありがとうございます。



一番好きなアーティスト:玉置浩二

好きな作家:宮城谷昌光

好きなモビルスーツ:サザビー

頑張ってほしい人:酒井法子、清原

行きたい国:モンゴル、中国

一番好きなジブリ:千と千尋の神隠し

やさしい対応らしい

 

>便利屋日記

サイト内検索